◆ ◆ ◆ りんく ◆ ◆ ◆

◆散歩三◆

◆月猫にっき◆

◆時のかけら~統制陶器~◆

◆ウキウキ・浜歩き・山歩き◆

◆Beachcomber's book◆

◆NATURAL HISTORY~化石のはなし◆

◆海辺の宝箱◆

○―○―○―○―○


HomePage


Blog

○―○―○―○―○

« 日々のくらし | メイン | 日々のくらし »

2018年5月21日 (月)

日々の暮らし

ヤマボウシの花
01
01

0202

0303

コメント

昭ちゃん先生
この前、「この花なんだっけな~?」と思ったの、
ヤマボウシだったんだ~。
何度きいても忘れちゃうなあ。
昭ちゃんブログはいつも
勉強になります。

おぐら姐さん早速のコメント感謝です。
今は街路樹などにヤマモモ同様植えてありますが、
昔が山の中で見っけたり実も食べていました。
 A子ちゃんのトークイベントに
私の家や炭住跡の取材があり
私の家跡の近くで満開急遽アップしました。
 

昨日行った緑地公園にもたくさん咲いていました。
今年はやはり早いね。
実がなる頃にまた行ってみます。

職場の近くの街路樹がヤマボウシで、
連休の頃から満開ですが、
まだたくさん咲いてるよ(^^)
実は美味しいの?!

ばるたんさん
炭住が有った我が家の跡地の旧道路は
車が上下通れる幅になりましたが
向う側(久田側は変わっていません)
そこで満開で樹齢30年ぐらいです。

 お助け4号さん
食べるものが少ない時代だから食べられる物は
全ておいしかったですよ。
 ヤマモモ・アケビ・ウベ(ムベとも呼ぶ)
チョット甘く
実がなる頃 手が届くので楽しみです。

お助け4号さん
残念ながら、食べたら、食べなきゃよかったと後悔するまずさです。もっとも、その昔はチガヤの若い芽も噛んだりしていたから、ちょっと甘いのが子供には嬉しかったのかな?でも、とってもまずいです(笑)。
昭ちゃん
今年は山法師がとってもきれいに咲いていますね。ちょぼちょぼでは寂しいし、あまりにも咲きすぎもうんざりします。

時代がわかりますね、
街路樹のヤマモモを車でつぶしていると
「あっ  わー勿体無い」の世代で
チガヤ・ツバナもクチャクシャ噛んだ家内の世代です。

春さん
ヤマボウシの実は後悔するほどまずいのですね!
どんなお味なのか気になります〜(^^)
今年は食べてみようかなと思っていたのですが
やっぱりやめておこうかな(笑)

お助け4号さん
我が家の炭住跡の近くのは
手が届くので一粒は試食を、、、(笑い)
 今日全体像をアップします。 

お助け4号さん
それも経験ですよね。もう、どんな味だったか忘れましたが、口にしたくない気持ちだけ残っています(笑)。
でも私に偏見があるかもしれません。ヘビイチゴは食べられるけど不味いと聞いて、一度も試したことがありません。一度くらい試せばいいのに...。

春さんたべられるのー
こんな感じで、、、
イタドリ・虎杖でも同じですよね。
でもこちらは折るときの音が好きです。

ヤマボウシ綺麗ですね。
我が家ではチューリップ、水仙、ボタンが咲いています。

今日は1年間恋い焦がれていた人とのお食事会。
通勤途中にある森のような公園にある神社で、先勝祈願?をして出勤しました。
いつもより社殿が神々しく見えました。

天気予防がめまぐるしく変わりましたが、神社参拝後に空が晴れてきました。
今日はどうしても着物を着たいので、なんとしても晴れてほしい。

kanaちゃんは着物が好きだし似合うからなー
こちらは好天ですが
梅雨の走りのような天気図です。
 三月の初夏気温以降
チューリップが出てきませんでしたよ。

船は沈没し、深い海底に沈みました。
帰り道、駐車場に向かっていると霧雨が降りだしました、あぁ涙雨…。頑張った自分をほめてあげる。

 kanaちゃんいつも前向きですよ。

ヤマボウシって北海道に自生するオオバナノエンレイソウに似ているけれど樹木なんですね。実も食べられる・・・。どんな味がするのかな。
北見ではライラックが公園を彩っています。
ピンク、白、赤紫。
初夏の香りです。

 マサちゃんいらっしゃい!!
そちらもやっと新緑になったようですね。
 まあ食料事情が悪い時代なので食べられるものなら
何でも口に入れましたので
本当は「これ食べられるのー」こんな感じです。
 桑の実は今でも美味しいですね。

昭ちゃん、コメントありがとうございます。
桑の木は北海道にもありますね。
小学生の頃、「小さな葡萄」って呼んでました。(結構おいしい)
あと、北海道にははイチイの木(こっちではオンコの木って呼びます)があって何もおやつがない時は小さな赤い実を食べていました。

先週、カッコーが鳴いたのでようやく豆まきをしました。
高齢の父が「アオバトに食われないようにしなくては!」
と常に見張っています。(笑)
アオバト、きれいな鳥らしいけど蒔いた豆を食べるのは困りますね。

 マサちゃんいろいろな情報たのしいですね、
母が娘時代(明治34年生まれ・1901年)
野付半島の叔父から
北海道に行く話があり
寒いので家族が反対し流れたそうで
地名はいまだに魅かれます。
 野付の昭ちゃんだったかも、、、(笑い)

あら、マサさんここに来ていたのね。
我が家の居間から、隣のライラックの花見ができます。
大学敷地内にもライラックのピンクと紫が咲いています。

知床に行くツアーがあり、興味津々で見ていました。
北海道に住んでいても、まだ行ったことがない。
行ってみたいな。

  kanaちゃん
皆んなそれぞれの分野で楽しんでいるので
賑やかでいいですよ、
私の話も高齢者だから半分、、、。(笑い)

コメントを投稿